山下不動産事務所

過去の業務経験・スキルを活かして不動産業でシニア創業

事業の現状と相談のきっかけ

●創業して1年半程経過したが、事業をどのように進めたらよいか、暗中模索で不安に思う面が多かった。
●不動産業に関する経験・ノウハウ・知識は豊富にあるもののどのように活かしたらよいか、わからない面もあった。
●上記の中、無料で経営相談にのってくれるよろず支援拠点の存在を知り、予約・訪問し、相談を受けた。(最初の相談は9月中旬)

ヒアリングによる課題の整理

●30数年の不動産会社での勤務経験があり、営業経験が豊富で、スキルやノウハウ・知識面でも豊富である。
●また管理職も経験しており、人を見る目も培われている。
●営業が好きなため、定年前にリタイアして創業した。
●しかし、創業計画等を作成していないため、事業の見通しが不透明で、不安に感じる面が多い。また自分の経験・スキル等をどう活かしていいかよくわからない。

課題解決の提案・アドバイス

●効果的な営業推進に向けて自分の強みを棚卸して見直し、うまく活用する。
●SWOT分析を活用して、自分の強み・弱み・機会・脅威を把握する。
●マーケティング手法(ターゲット顧客設定とそれに連動したサービス内容と価格・PR等設定)を紹介、活用を促す。
●上記を踏まえて、数値計画を立案することで、事業計画作成につながり、今後の見通しが見えてくる。

取組み内容と成果

●相談内容を踏まえ1カ月強かけて自分なりの事業計画書を作成
・経営目標の設定
・本年度営業収入(予定)と営業分析
・事業の目的及び今後の方針
・営業方針&営業計画
・SWOT分析と今後の取組内容立案等
●12月に今年度の反省と次年度計画の立案
・今年度の取組内容と成果・反省点
・次年度の対策立案
・平成29年度の契約目標(仲介・紹介件数、仲介業務以外の業務、売上金額)設定(前年度の3倍強) 等
●今後の方針
1.今までやってきた不動産知識を生かし、仕事を通して人の役に立ちたい
2.顧客満足度を上げ、信頼されることにより、自分のファンを増やし紹介による数字を増やす
3.経費を掛けず黒字経営に徹し、生涯現役を目指す
4.的を絞り人の真似をせず、顧客ニーズをつかみ挑戦し続ける
5.スピードは結果に通じる

事業者の声

よろず支援拠点の先生方に毎月報告することにより、サラリーマン時代の営業幹部会のような毎月一回の月次営業報告会の時で、営業内容を指摘されているような気がしてとても励みになります。

コーディネーターより

模範的なシニア創業事例である。

事業計画の作成を通じて、過去の業務経験で培ってきたスキル・ノウハウ・知識を活かし、成果につなげています。

担当:福地コーディネーター

大阪府よろず支援拠点

大阪市中央区本町橋2-5

マイドームおおさか7階

(公財)大阪産業振興機構内

 

TEL:06-6947-4375

FAX:06-6947-5007

 

email:yorozu@mydome.jp

 

営業日:平日9:30~17:30

大阪府よろず支援拠点は、(公財)大阪産業振興機構が運営しています。

大阪府よろず支援拠点29年度版チラシ
大阪府よろず支援拠点のチラシです。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
大阪よろずパンフ [表面].pdf
PDFファイル 3.3 MB
大阪府よろず支援拠点のチラシ(コーディネータ紹介ページ)です。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
大阪よろずパンフ [中面].pdf
PDFファイル 3.9 MB

 

【本業務に関する情報の取り扱いについて】

 

1.「よろず支援拠点」は、中小企業庁、経済産業局、よろず支援拠点全国本部((独)中小機構基盤整備機構)、(公財)大阪産業振興機構が連携・協力して実施する事業です。本事業に関して取得した個人情報、並びに相談内容に関しましては、本事業遂行のため、上記の4団体で共有させていただきます。
  また、課題解決対応に必要な場合、他の中小企業支援機関、外部専門家などへ企業情報及び相談内容を提供することがあります。

 

2.本業務に関して取得した個人情報、並びに相談内容に関しましては、以下の目的以外では使用いたしません。
  1.報告書の作成・管理、相談内容及び傾向の分析
 2.各種中小企業施策、相談会・セミナー等の情報提供
 3.各種アンケート調査の実施