ビジューオーガナイズ株式会社

看板コンテンツ「ビジュー式片付けカードワーク」の開発とPRを推進


事業の現状と相談のきっかけ

●三谷社長独自の行動療法を取り入れたおかたづけサービス、整理収納セミナーを従来より開催。
●整理を実感しながら楽しく学べる手法として考案したカードワークが好評であり、看板コンテンツとして、セミナーで周知し販売促進することを計画。
●女性起業家のコミュニティから、当拠点コーディネーターを紹介され相談に訪れた。

ヒアリングによる課題の整理

●「整理を実感しながら楽しく学べる方法」として開発されたカードワークは、顧客への訴求力がある。商品としての展開が有望である。
●「片付けのセミナー」を顧客サービスの一環として実施する事業者(不動産業や介護事業)や、同業者へのコンテンツツールとして販促が期待出来る。
●現状は手製であり、本格展開にはパッケージや解説書など、提供価値に見合う体裁が必要。

課題解決の提案・アドバイス

●「ビジュー式片付けカードワーク」の商品化と、全国で体験セミナーを行う計画を推進するにあたっての、経営計画の策定を提案。
●具体的には、周知チラシのデザイン、ダイレクトメールの発送先の選定。販促コストの確保に小規模事業者持続化補助金の申請にチャレンジすることを提案。

取組み内容と成果

●「ビジュー式片付けカードワーク」を商品として、形(サンプル)が完成し、セミナー周知活動を開始することが出来た。
●小規模事業者持続化補助金に採択され、「片付けカードワーク」体験セミナーを周知するチラシ、商品パンフレット、ダイレクトメール発送、HP改修、セミナー会場賃料遠距離交通費を使用して、自社の看板コンテンツとして販売促進活動を実施。
●セミナーは、狙い通り参加者に好評で「帰宅して実践したい。」「カードを使うのでわかりやすく整理のポイントが理解出来た。」など声があった。当拠点のコーディネーター2名も参加して、内容についてのフィードバックを行った。
●セミナーは全国各地で合計13回、参加者はのべ168人を集客した。
●商品カードのHP上の販売やインストラクター養成講座もスタートしており、計画通り売上の拡大が期待される。


事業者の声

当社の主力コンテンツとして育てたいカードワークの周知に際して、補助金の活用や、その後のDM作成について具体的なアドバイス、親身なサポートをいただき、感謝しています。

コーディネーターより

自社の取り組みのなかから、お客様に好評を得ているコンテンツを、しっかりと練り上げ、看板商品に育てる取り組みを地道に実践されています。

今後の展開が楽しみです。

担当:永井コーディネーター