北浜グローバル経営株式会社

持続化補助金を有効活用して売上向上・組織力強化につなげる

事業の現状と相談のきっかけ

●創業後、2年半を経過し、事業の土台を築けた。
●今後の発展を考慮していた際に、小規模事業者持続化補助金の存在を知り、活用を試みた。
●但し、申請書は事業計画書でもあり、どのように作成を進めたらよいか、よくわからなかった。
●その中で、よろず支援拠点の存在を知り、相談を受けた。(2015年夏相談)

ヒアリングによる課題の整理

●持続化補助金の申請書(経営計画書)案を作成されており、以下のような課題を認識されていた。
・事業概要( 当社の事業内容)についてどのように記載すればいいのか。
・補助事業である研修事業についてどのように記載すればいいのか。
・補助事業で活用する販促ツールとその効果についてどのように記載したらいいのか。

課題解決の提案・アドバイス

●経営計画書の作成について以下の点から助言した。
・事業概要と研修事業・カリキュラムの具体的な内容
・当社の経営資源と強み
・顧客ニーズと市場の動向
・ストーリーの一貫性
・補助金の活用内容とその効果、売上積算根拠
●販促展開・方法について、販路開拓のヒントや異業種交流会の活用等助言した。

取組み内容と成果

●持続化補助金申請(経営計画書作成)に対して、3回の相談対応を行う中、助言を活かされ、着実に計画書内容の改善を進められました。
●上記を通して、無事補助金(従業員の処遇改善に取り組む事業者として上限の100万円)を確保し、以下に活用されて成果につなげています。
・啓蒙用セミナーの実施:当社への信頼度や認知度、人材育成
研修事業の認知度向上につながりました。
・ホームページ作成:啓蒙用セミナー同様の効果とともに、も
のづくり中小企業に対する有益な情報を掲載し、当社事業の
有用性をアピールできました。
・カタログ作成:営業支援ツールとして活用し、当社の提案
力・営業の成約率の向上を図りました。
●また経営方針・目標と今後のプラン、顧客ニーズ、競争優位性について明確にでき、事業展開に役立てています。
●以上を通じて、今年度事業を飛躍的に伸ばされる結果につながっています。

事業者の声

コーディネーターの皆様の助言を通じて補助金を確保できました。

啓蒙用セミナーの開催や当社のHP・パンフレットを作成でき、当社の認知度向上や理解面で大変役立っています。

コーディネーターより

持続化補助金を本当に上手く活用している事例です。
申請書=経営計画書を作成して今後の見通しを明確にするとともに補助金を効果的に活用されています。

担当:福地コーディネーター

大阪府よろず支援拠点

大阪市中央区本町橋2-5

マイドームおおさか7階

(公財)大阪産業振興機構内

 

TEL:06-6947-4375

FAX:06-6947-5007

 

email:yorozu@mydome.jp

 

営業日:平日9:30~17:30

大阪府よろず支援拠点は、(公財)大阪産業振興機構が運営しています。

大阪府よろず支援拠点29年度版チラシ
大阪府よろず支援拠点のチラシです。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
大阪よろずパンフ [表面].pdf
PDFファイル 3.3 MB
大阪府よろず支援拠点のチラシ(コーディネータ紹介ページ)です。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
大阪よろずパンフ [中面].pdf
PDFファイル 3.9 MB

 

【本業務に関する情報の取り扱いについて】

 

1.「よろず支援拠点」は、中小企業庁、経済産業局、よろず支援拠点全国本部((独)中小機構基盤整備機構)、(公財)大阪産業振興機構が連携・協力して実施する事業です。本事業に関して取得した個人情報、並びに相談内容に関しましては、本事業遂行のため、上記の4団体で共有させていただきます。
  また、課題解決対応に必要な場合、他の中小企業支援機関、外部専門家などへ企業情報及び相談内容を提供することがあります。

 

2.本業務に関して取得した個人情報、並びに相談内容に関しましては、以下の目的以外では使用いたしません。
  1.報告書の作成・管理、相談内容及び傾向の分析
 2.各種中小企業施策、相談会・セミナー等の情報提供
 3.各種アンケート調査の実施