株式会社WINGED WHEEL

「直火の炎」復活ストーリー第2章!更なるチャレンジと躍進!

事業の現状と相談のきっかけ

●当社は、5 代目女職人が「直火の炎を絶やしたくない」との想いで復活を目指す、日本最後のランプ製造会社。
●昨年度は、当拠点で相談しながら経営計画を策定し、事業の方向性を整理した。また、パンフレットやチラシの作成、マスメディア等を活用した情報発信により、認知度を向上させることができた。
●次の課題として、生産の安定化や収益性の改善が浮上し、継続支援を行うこととなった。

ヒアリングによる課題の整理

●現状を分析したところ、以下の課題解決に優先的に取り組む必要があると分かった。
【生産の安定化】
・老朽化した金型の修復

【収益性の改善】
・価格設定の見直し
・自社オリジナルブランドの確立と新商品の開発
・新しい販路の確保

課題解決の提案・アドバイス

●金型修復のための資金調達・認知度向上・マーケティング調査のため、クラウドファンディングへの挑戦をすすめ、連携支援機関の一つである「FAAVO大阪」をご紹介した。
●自社ブランドの確立と新たな販売ルート獲得のため、小規模事業者持続化補助金への再チャレンジを提案した。
●卸売だけでなく、直販の販路確保を提案した。

取組み内容と成果

●小規模事業者持続化補助金に2年連続で採択された。
●「FLAME SENSE」という新ブランドを立ち上げ、日本各地の伝統工芸とコラボしながら現代のランプ作りを始めた。
●「FAAVO大阪」でクラウドファンディングを行い、2ヶ月で目標額を超える2,803,000円の調達に成功した。これにより、早速金型修復に取り掛かることができた。また、FB等を使った告知により、全国に多くのファンを獲得できた。
●モード系ファッション雑誌「装苑」への商品掲載、最先端のクリエイターが集まる高感度ギフトショー「Active Creators」への出展も決まった。
●現在、同じようなターゲット層の嗜好品型製品とのコラボ販売についても、話をすすめているところである


事業者の声

自社ブランドの確立に向けて様々なアドバイスを頂いています。

自分の考えや悩みを相談し、具体的な例を上げてアドバイスを頂いたり、客観的意見を頂く事でいつも助けて頂き、前を向いて頑張れています。

コーディネーターより

幾多の苦難を乗り越えてきた別所さんには、何があっても乗り越える芯の強さとまっすぐな信念を感じます。
会う度に器が大きくなっていく、今後が楽しみな経営者です。

担当:谷村コーディネーター

大阪府よろず支援拠点

大阪市中央区本町橋2-5

マイドームおおさか7階

(公財)大阪産業振興機構内

 

TEL:06-6947-4375

FAX:06-6947-5007

 

email:yorozu@mydome.jp

 

営業日:平日9:30~17:30

大阪府よろず支援拠点は、(公財)大阪産業振興機構が運営しています。

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日
(土・日・祝・年末年始)
大阪府よろず支援拠点29年度版チラシ
大阪府よろず支援拠点のチラシです。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
大阪よろずパンフ [表面].pdf
PDFファイル 3.3 MB
大阪府よろず支援拠点のチラシ(コーディネータ紹介ページ)です。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
大阪よろずパンフ [中面].pdf
PDFファイル 3.9 MB

 

【本業務に関する情報の取り扱いについて】

 

1.「よろず支援拠点」は、中小企業庁、経済産業局、よろず支援拠点全国本部((独)中小機構基盤整備機構)、(公財)大阪産業振興機構が連携・協力して実施する事業です。本事業に関して取得した個人情報、並びに相談内容に関しましては、本事業遂行のため、上記の4団体で共有させていただきます。
  また、課題解決対応に必要な場合、他の中小企業支援機関、外部専門家などへ企業情報及び相談内容を提供することがあります。

 

2.本業務に関して取得した個人情報、並びに相談内容に関しましては、以下の目的以外では使用いたしません。
  1.報告書の作成・管理、相談内容及び傾向の分析
 2.各種中小企業施策、相談会・セミナー等の情報提供
 3.各種アンケート調査の実施