ちてはこ菓子店

飲食からタルト製造への業態転換で業績を拡大


事業内容

タルト販売、デザイン支援

令和2年度支援事例

事業の現状と相談のきっかけ
  • ちてはこ菓子店(奈良市法連町)タルト製造販売。駅ナカなどの出張販売やネット販売。
  • リフスガーデン・デザイン(大阪)デザイン支援。
  • 今後は大阪と奈良でブランディングデザイン業務を事業部として併設。持続化補助金の相談がきっかけ。
ヒアリングによる課題の整理
  • 単一のお店でのタルト販売から駅ナカなどの販売が増え、生産力アップが必要。
  • タルトがよく売れておりブランド化が必要。
  • 経営の方向性について検討が必要。
課題解決の提案・アドバイス
  • 設備投資によるタルトの生産量アップと生産体制の確立。
  • カフェでの来店客対応とエキナカでは同じ菓子でも物流、販売が異なる点に留意。
  • ブランド構築のための商標登録。
  • 持続化補助金のブラッシュアップ支援。
取り組み内容と成果

【経過】

  • コロナ禍の影響で「ちてはこ菓子店」の飲食席数を1/3へ。
  • 持続化補助金により業務用オーブンを購入。
  • 金融機関からの融資で大型冷蔵庫を購入。
  • 革縫い教室からリフスガーデン・デザイン(デザイン支援)へ業態を転換

【成果】

  • しまなみレモンを使ったタルトがブルータスのお取り寄せグランプリで準グランプリを受賞し知名度が向上。枚方市駅や大和西大寺駅のエキナカでの催事出店が好調。
  • 株式会社ほぼ日の「生活のたのしみ展」でのネット販売。
  • 2021年2月から上本町駅エキナカへ出店予定。
  • 2021年4月から西宮北口駅エキナカへ出店予定。

事業者の声

低迷していた飲食事業を採算の取れる業態に転換することを考え始め、3年前によろず支援拠点を知り相談しながら、4ヵ年にわたる経営計画書を作成しました。

コーディネーターより

飲食から菓子製造に業態を変え、計画に沿ってコロナ禍を乗り切りながら売上を順調に伸ばされています。

担当:水谷コーディネーター