株式会社トルース

助成金を活用した雇用維持、通販事業など新たな取り組みの強化


事業内容

鞄 卸売・小売

令和2年度支援事例

事業の現状と相談のきっかけ
  • 店舗販売等が自粛により売上に影響が出てきたこと、それにともない、従業員の給与等にも影響がでる状況となった。
  • 休業させる場合にも費用が発生するため、使える助成金として雇用調整助成金があったが支給申請が複雑なうえ、労働局の電話が繋がらず申請がすすまない、最新情報がわからないといったことから相談に至った。
ヒアリングによる課題の整理
  • 支給申請に必要な添付資料がわからない。(計算に必要な労働保険料のどの金額の必要な個所など)
  • 雇用調整助成金支給要領の理解と申請書作成にあたり留意点がわからない。(休業時のタイムカード、賃金台帳の表記のしかたなど)
  • 支給要件緩和の都度、どの点がどのように変わったのかがわかりにくい。
課題解決の提案・アドバイス
  • 必要書類と添付資料の準備及び、申請書の記載方法について助言。(休業時のタイムカードの表記、休業手当の計算方法など)
  • 最新情報の提供と変更内容の説明。(相談を受けていた内容をふまえ、関連のありそうな内容については随時案内し、申請漏れのないようアドバイス)
取り組み内容と成果
  • 雇用調整助成金の受給により従業員を解雇することなく雇用維持を図ることができた。それにより、既存の事業の維持はもとより、通販事業などコロナ禍での新たな取り組みの強化、新商品開発にも着手することができた。
  • 最新情報により先の見通しができるようになった。

事業者の声

初めての助成金申請で不安な事が多かったのですが、初回の相談以降も、最新情報などのフォローまでしていただき、本当に助かりました。ありがとうございました。

コーディネーターより

当初の雇用調整助成金は複雑な上に変更の連続で大変だったと思います。まだ先は見えませんが、共に頑張りましょう!

担当:土居コーディネーター