株式会社ベリーデコ

ニューノーマル!?ECサイトを本店に、実店舗を支店に!


事業内容

アイシングクッキーの製造・販売

令和2年度支援事例

事業の現状と相談のきっかけ
  • 大手取引先のOEM製造、東京にてテナント2店舗の運営、催事・イベントへの出店等の事業で順調に経営を続けてきたが、コロナ禍により、OEMの発注は軒並みストップ、店舗は営業自粛、催事は中止に。
  • 打開策として自社ブランドのブラッシュアップと事業のオンライン化に着手。撮影スタジオの新設も行った。
  • オンライン戦略の具体策についてご相談があった。
ヒアリングによる課題の整理
  • 世界的企業との取引や一等地の大手商業施設への出店で実力をつけてきた一方で、取引先や出店先に依存した下請け体質になっていた。
  • 実店舗に比重をおいたビジネスモデルとなっていた。
  • 「オンラインを活用して、自社及び自社商品のファンを獲得していくこと」、それにより「経営の独立性を高めていくこと」が今後の課題であると設定した。
課題解決の提案・アドバイス
  • 「ECサイトを本店に 実店舗を支店に」オンラインとオフラインの主従関係を逆転させて事業を計画していくこと、現在の実店舗は撤退も視野に入れることを助言。
  • ECサイトへはSNSからの集客をメインにするように提案。
  • 撮影スタジオを活用し、”人”を全面に打ち出した動画コンテンツ作っていくことを提案。
取り組み内容と成果
  • 相談者はSNS世代であるご子女にインスタグラムのリニューアルを依頼。これまで自身が細々と投稿してきた雑多な内容から、自社ブランドの世界観を伝えられるよう統一性のある内容へと入れ替えていった。400人程度だったフォロワーが2カ月足らずの間に倍増し、現在は1200人を超えるほどに。
  • それと同時に、インスタグラムのショッピング機能を導入。ほぼゼロだったECサイトの注文が、製造が追い付かないほど殺到する状態に。当初の目標を大幅に超える売上を、短期間で達成することができた。
  • YouTubeアカウントを開設、テスト運用を始めた。
  • 自社ECサイトは持続化補助金(採択済み)の活用により、ブラッシュアップさせる予定。今後は、動画を使ったPRにも着手し、ファンを増加させる仕組みを構築していく計画である。

事業者の声

ポストコロナに向けてオンライン化や、強い経営基盤づくりをしていくことの重要性を再認識することができました。挑戦を恐れず、新しい時代に対応できる企業になりたいと思います。

コーディネーターより

急激な環境変化に対応すべく、当社が行った意思決定の迅速さは、目を見張るものがありました。この勢いを止めずに、ぜひ先行者利益を享受していただきたいと思います。

担当:黒田コーディネーター