「決算書を見直して将来の資金繰りを変える!」よろず塾を開催しました!

10月20日の18時~21時、よろず塾ワークショップセミナー 「財務に強くなって、経営を安定させる!」の第2回目を開催しました。

 

秋のよろず塾は、会社の数字を把握して、経営をよくしたい方へお届けする内容で、2回開催します。

2回目は、橋本コーディネーターが担当して、「決算書を見直して将来の資金繰りを変える!」をテーマに資金調達の観点から決算書の貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)の勘定科目ごとの見直しポイントについて、講義とワークを行いました。

決算書作成は税理士さん任せで、どの取引がどの勘定科目で処理されているかわからない、もっといえば興味すらない経営者の方もいらっしゃいます。

みなさんが決算書の中身を知ろうとしない理由は、決算書が過去の数字であり、税金計算の前提や金融機関への報告資料としての価値しか感じていない点にあるかもしれません。

 

しかし決算書は、提出した瞬間から会社の公式な過去実績となります。

これに基づいて銀行の融資格付がされますので、会社の将来の資金繰りは過去の決算書で決まる部分もあるのです。

 

今回のセミナーでは、「決算書の構成」に着目して、会計処理方法の違いによって決算書の定量評価に大きな差が出ることの理解を深めました。

 

前半は、前回の復習をかねて資金繰り表の作成について事例問題を解くとともに、自社での作成に必要な資料整理の方法について実践的に学びました。

後半は、本題である決算書の各勘定科目の特徴を踏まえて、会計処理ごとの財務指標への影響の違い、きちんと金融機関に伝えるべきポイントなど、すぐに使える改善手法を学びました。

受講者の方からは、

「B/S、P/Lの内容をよく理解し、決算書をキレイにする手続きをしてみたい。」

「同様(内容)のセミナーがあれば、また参加したい。」

という前向きな言葉をいただきました。

 

今回の内容が、受講された皆様の事業に少しでも活かしていただけたらと願っております。

大阪府よろず支援拠点

大阪市中央区本町橋2-5

マイドームおおさか7階

(公財)大阪産業振興機構内

 

TEL:06-6947-4375

FAX:06-6947-5007

 

email:yorozu@mydome.jp

 

営業日:平日9:30~17:30

大阪府よろず支援拠点は、(公財)大阪産業振興機構が運営しています。

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日
(土・日・祝・年末年始)
大阪府よろず支援拠点29年度版チラシ
大阪府よろず支援拠点のチラシです。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
大阪よろずパンフ [表面].pdf
PDFファイル 3.3 MB
大阪府よろず支援拠点のチラシ(コーディネータ紹介ページ)です。
ご自由にダウンロードしてご利用ください。
大阪よろずパンフ [中面].pdf
PDFファイル 3.9 MB

 

【本業務に関する情報の取り扱いについて】

 

1.「よろず支援拠点」は、中小企業庁、経済産業局、よろず支援拠点全国本部((独)中小機構基盤整備機構)、(公財)大阪産業振興機構が連携・協力して実施する事業です。本事業に関して取得した個人情報、並びに相談内容に関しましては、本事業遂行のため、上記の4団体で共有させていただきます。
  また、課題解決対応に必要な場合、他の中小企業支援機関、外部専門家などへ企業情報及び相談内容を提供することがあります。

 

2.本業務に関して取得した個人情報、並びに相談内容に関しましては、以下の目的以外では使用いたしません。
  1.報告書の作成・管理、相談内容及び傾向の分析
 2.各種中小企業施策、相談会・セミナー等の情報提供
 3.各種アンケート調査の実施